特許や知財の弁護士の求人

先鋭が集まる知財や特許のエリア、弁護士の能力次第で仕事の可能性も大きく広がる

特許や知財の弁護士の求人

商標、著作権、知財契約といった知財や特許に関連する弁護士系の求人は、メーカーなどから募集がかかります。

各メーカーとも、専門技術が理解できる人材を希望する傾向にあるので、大学で理系を学んだことのある人などは、有利に働くこともあります。

日本の大学だけではなく、海外でダブルメジャーの学位があったり、1,2年次には理工系、3,4年次にはリーガル、大学院でさらに専攻の研究を深めたといった学歴がある人いて、、そうした先鋭の人材に求人が集まることもあります。

特許のプログラムの企画から交渉、契約書を作って審査を行うとか、特許関連の控訴業務など、できることの幅も広くなります。

知財には産業財産権、著作権などがあり、その中にも特許権、実用新案権、意匠権、商標権など細分化されています。

2005年に知的財産高等裁判所ができて、今後注目される分野でもあります。

弁護士や弁理士は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権に関して、登録や異議申し立ての手続きを独占的に行う存在です。

著作権に関する契約代理なども行います。

求人はメーカーの知財部門などから募集がかかったり、弁護士事務所からの募集もあります。

これらの情報は、弁護士専門の求人サイトエイパスに集まりますから、チェックしておくと便利です。

弁護士の転職では、エイパスでキャリアアップを目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
弁護士求人なんでもマスター Copyright (C) www.ippglobalmarketingsolutions.com. All Rights Reserved.